商品に関する質問

太陽電池の単結晶と多結晶の違いは?

固体のシリコンを溶かし、冷やして固めたものが結晶シリコンです。
固める方法により、1つの大きな結晶からなる「単結晶」と多数の小さな結晶からなる「多結晶」に分かれます。
多結晶は単結晶に比べ製造コストが安い反面、結晶と結晶の境目で抵抗が発生するために発電効率では若干劣ります。
 

全国1世帯あたりの年間平均消費電力量はどれくらい?

年間で約4,500kWhです。
【 例 】
年間約106,800円(月平均約8,900円)に相当します(電力会社資料より)。
【 参考 】
1戸建て住宅で4人家族の電気代は月平均12,000~13,000円程度です。

太陽光発電システムの設置による効果は?

太陽光発電による発電量や省エネ機器との最適な組合せで、光熱費を少なくする導入効果があります。
【主なポイント】
1. 自家消費分をまかない3段目電気料金から削減できます。
2. 時間帯別電灯契約で更に電気代を節約できます。
3. 余った電気を電力会社に売電できます。
また、お客様(家族全員)が節電意識を持つことで、平均約15%程度の節電(※)が可能といわれています。
※ ECCJホームページ(財)省エネルギーセンター「生活の省エネルギー」より
 

全国平均でどのくらい発電するのですか?

4.2kWの太陽光発電システムの年間予測発電量は約4,200kWhです(全国平均:1kW当り約1,000kWh)。
【年間予測発電量とは・・・・・】
1. 地域/季節/時刻/天候等による日射強度変化
2. 設置角度/温度上昇/ガラス面の汚れによる損失
3. 回路/パワーコンディショナーの損失 等を差し引いた値です。

天候(晴れ・曇り・雨)で発電量はどれくらい変わりますか?

天候による1日の日射量変化は次のようになります。

※ソーラー事業部発行A3チラシ 「もっと効率よく発電させるには」より
 

モジュールを設置する屋根の方位によって発電量は変わりますか?

方位によって発電量は変わります。

※NEDO全国日射関連データマップより

太陽光発電システムの操作は難しいのですか?

全て自動運転で日々の操作は不要です。
太陽電池モジュールに光が当たると運転を開始し、光が当たらなくなると運転を停止します。
運転状況(発電量他)はリモコン表示で確認することができます。
 

PVとは何の略ですか?

Photo Voltaic(フォト ボルテック)。『光発電』という意味です。

季節によって発電量が変わるのはなぜですか?

モジュールに使用している単(多)結晶シリコンは、外温度が1℃上がると発電効率が約0.5%低下し、外気温が1℃下がると0.5%発電効率が良くなります。
つまり、季節による『外気温の変化』と『日射時間の変化』により、発電量は変わります。
地域により気象条件が異なりますので一概には言えませんが、1年の中で5月が最高の発電量となります。
※NEDO全国日射関連データマップより
 

太陽の光が当たるとなぜ発電するのですか?

太陽電池は結晶シリコンを加工した「N型半導体」と「P型半導体」の2種類を使って電気を起こします。
半導体に光が当たると対の「電子( - )」と「正孔( + )」が生まれ「N型半導体」には( - )が、「P型半導体」には( + )が集まり、両方の電極に銅線をつなぐことにより電気を取り出すことができます。
※1種類の半導体(N型又はP型)だけでは( + )と( - )がすぐ結合してしまい電気が流れなくなるので異質のN型とP型を結合して太陽電池を作ります。

シリコン太陽電池とアモルファス太陽電池の違いは?

1. 結晶系シリコン太陽電池
単結晶と多結晶のシリコン基板を使用したタイプで発電効率や信頼性面で優れており、現在はこのタイプが主流となっています。
2. 非結晶系アモルファスシリコン太陽電池
ガラスなどの低価格基板の上に、薄膜状にアモルファスシリコンを成長させて作る太陽電池で結晶系に比べて信頼性面でやや劣りますが、コストは安価で、電卓等に多く使用されています。
 

発電した電気を貯めておく事はできますか?

蓄電機能はありません。
現時点では蓄電池はコストが高く寿命が短いため、一般的には普及していません。
しかし、昼間に発電し余った電力を電力会社に送り、夜間や雨などで発電量が少ない時は電力会社の割安な電力を利用できますので、電力会社が我が家の蓄電池であるとも考えられます。

システムの耐久性、寿命(保証期間・耐用年数)は?

期待寿命については太陽電池モジュールで約20年以上です。その他の機器は設計寿命が10年程度の部品を使用しています。
また、各機器の保証期間は1年間です。但し、太陽電池モジュールの出力保証期間は10年です。
※公称最大出力の公差範囲内の最大許容値の10%以上低下した場合
 

4kWの発電システムでなぜ4kW使えないのですか?

システムの定格出力は、理想的な晴天時の最大発電量です。
しかしシステムとしては次のような損失があるため、実際のシステム出力は最大発電量(定格出力)の約70%程度となります。
1. パワーコンディショナー(接続箱機能含む)による損失・・・約10%以下
2. 配線・受光面の汚れによる損失等・・・約5%以下
3. モジュールの温度上昇による効率低下・・・約10~20%以下(季節変動あり)

システム(機種)はどう選ぶのですか?

太陽光発電で現在の電気使用量をまかなえることを基本に考え、最終的には『屋根面積(設置スペース)』と『予算』で決まります。
 

技術に関する質問

セル変換効率とは?

太陽電池に入射した光のエネルギーをどれだけ電気に変えられるかを示す性能値のことで、変換効率が高いほど、太陽エネルギーをより多く電気に変えることができます。
【例】セル変換効率20%とは・・・
太陽エネルギーには、1平方メートルあたり1,000Wのエネルギーがあるといわれます。このエネルギーを1平方メートルの太陽電池に当てたときに、太陽電池が200Wの電気を作るとするとその太陽電池の変換効率は20%となります。
 

セル・モジュール・アレイとは?


【セル】
太陽電池の基本単位、シリコンを結晶化させてインゴットいう結晶柱をつくり、これを薄く切り、電極化したものです。
【モジュール】
セルを必要枚配列し、野外で利用できるように強力ガラスで覆い、パッケージ化したものです。
【アレイ】
モジュール(パネル)を複数枚、直列あるいは並列に配列し架台に設置したものです。

電圧は100V・200Vどちらも使用可能ですか?

パワーコンディショナーの出力は単相200Vで電力会社と接続しています。
従来通り、分電盤より100V/200Vともに引き出すことができます。
ただし、単相100V・3相200Vの配電盤には接続することはできません。
 

ごみやほこりによる発電量の影響は?

太陽電池にゴミやほこり、砂ぼこり等が付けば発電量が3~5%程度ダウンすることもありますが、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。
一般の住宅地区では、塵などの汚れは降雨で流されるので、掃除の必要はほとんどありません。
また、木の葉や鳥の糞などが、部分的に付着しても発電量的に付着しても発電量が大きく損なわれることはありません。
ただし、交通量の多い道路への隣接地域では油性浮遊物が付着し、降雨だけでは流されない場合があります。
平均的な都市部で、汚れによる出力低下はおよそ5%以下です。

モジュールが壊れた場合、修理は可能ですか?

万一、モジュールの一部が破損した場合、そのモジュールを接続しているシステム(1系統)の発電は停止します。
この場合、破損したモジュールを交換すれば元の発電可能な状態になります。
 

故障した場合は?

太陽電池モジュールは耐久性に優れており、モジュールを取り付ける部材なども含めて、特別なメンテナンスの必要はありませんが、修理が必要な場合はメーカーとタイアップし、当社が責任を持って対応いたします。

停電した時は使えますか?

晴天の昼間であれば、専用コンセントから最大1,500W(*)まで使用できます。
発電量は天候により変動し、運転している機器の負荷よりも発電量が少ない時はパワーコンディショナーの運転を停止します。
※起動電流の多い一部機器は使用できません…【例】モーターを搭載した機器
 

雷に対する対策は?

過去30年間に太陽電池が直接落雷を受けたという事例は極めて稀です。
一般の屋外設置の電気機器でもごく稀に被害を受ける例もありますが、これらは直接落雷ではなく、間接的な誘導電流が流れることによって受ける被害です。
一般住宅として屋外に設置されている他の電気機器同様、太陽電池だからといって落雷を受け易い理由はありません。
落雷の懸念が全くないわけではありませんが、太陽電池システムとしての落雷対策は、回路内に一定性能のサージアブソーバ(避雷素子)等を設置して誘導雷対策を行い、被害を食い止める策をとっています。

地震に対する強度は?

太陽電池モジュールおよび架台の重さは、同面積の和瓦に比べ1/4~1/5と軽く、屋根への荷重は通常の家では問題ありません。
また、ねじれ・振動などの確認試験や強度計算等充分な検討をした上で設計されています。
 

風・台風に対する対策は?

屋根への太陽電池の取り付け強度は、建築基準法にもとづき(旧基準法では風速60m/s地上15m)の強風にも耐えるよう設計されていますのでご安心ください。
沖縄諸島など更に強度を要求される地域、塩害対策が必要な地域にはそれぞれ専用のモジュール、架台が用意されています。

雹(ひょう)でモジュールが割れる事はありませんか?

モジュールのガラス面はJIS規格(1mの高さから227g直径38mmの硬球を落下させ、これに耐えること)に適合した約3mm厚以上の強化ガラスを使用しており、雹で割れることはまずありません。
耐衝撃性能は通常の屋根材と同等と考えてください。
 

屋根勾配(傾斜角)によって発電量はどの程度違いますか?

傾斜角は30度前後が理想です(地域によって異なります)。
傾斜角は低すぎても高すぎても発電量は少なくなります。傾斜角20度の場合、30度に比べて発電量は約2%程度低下します。

設置場所の高さの制限はありますか?

高さは地上13m迄です。これより高い場所(13m以上31m未満)には、「高所用太陽電池モジュール」を用意しています。
※建築基準法 施工令第87条
 

モジュール変換効率とは?

太陽光エネルギーから、電気エネルギーに変換できる割合を示すものです。
本ページの先頭へ